泊まる・温泉

川棚温泉

下関の奥座敷 川棚温泉

ほのぼのとしたいで湯の温もりが漂う川棚温泉は、古くから関門の奥座敷として親しまれています。漂泊の俳人種田山頭火も、そののどかな雰囲気といで湯を心から愛し、日記に「川棚温泉は山裾に丘陵をめぐらせて、私のもっとも好きな風景である。」と記しています。800年以上の歴史を持つ名湯は、幅広い効能を誇る無色透明のラジウム泉。ゆでた茶そばを熱した瓦の上で焼いていただく「瓦そば」は、川棚温泉の名物料理です。


INFORMATION

お問い合わせ先川棚温泉観光協会
住所山口県下関市豊浦町大字川棚5180
TEL083-772-0296

検索 ページトップ