おススメコース

  • HOME
  • おススメコース
  • 日本遺産〜関門❝ノスタルジック❞海峡〜

日本遺産〜関門❝ノスタルジック❞海峡〜

【旧秋田商会ビル】日本の近代建築史を代表する建築物。
旧秋田商会ビルは、大正4年(1915)に竣工した和洋折衷のユニークな建築物。
鉄骨鉄筋コンクリート造、地上3階、地下1階、塔屋付き、屋上には日本庭園と茶室を備えている。
内部は1階を純洋風の事務所空間、2階及び3階を格調高い書院造住宅としており、西日本で最初の鉄筋コンクリート造の事務所建築であるとともに、わが国に現存する同種建築物としては最古級のもの。

【旧下関英国領事館】下関英国領事館は明治34年の開設で,下関港唐戸桟橋北方の現在地に移ったのは,現建物が建設された同39年のことである。現在は下関市の所有で,ギャラリー・喫茶室等として公開活用されている。設計は,英国政府工務局上海事務所建築技師長のウィリアム・コーワン(William Cowan)である。
 本館,附属屋がそろう建物配置や執務室と住居を分けた本館の平面構成は,領事館の機能をよく示し,明治期の外交関連施設の一典型として貴重である。また,領事館として建設された建物のうち,我が国に現存する最も古い事例で,歴史的な価値も高い。

 

検索 ページトップ