新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 下関市立美術館「特集 巴里のエスプリ」

下関市立美術館「特集 巴里のエスプリ」

下関市立美術館では、所蔵品展No.142「特集 巴里のエスプリ」を7月29日(日)まで開催しています。
19世紀末のポスターを中心に、芸術の都パリを彩った立役者たちを紹介。ロートレック、ボナール、ミュシャ、ガレなどに加え、留学などでパリの自由な空気に触れた日本人作家たち、梅原龍三郎、佐伯祐三、藤田嗣治らの作品、合わせて約50点を展示。

会期中は、お馴染みのギャラリートークに加え、繊細な細工と斬新なデザインが魅力的なビーズバックのコレクションや現代フランスの絵本の展示、喫茶室での期間限定メニューなど、パリの雰囲気を盛り上げる関連イベントを多数開催いたします。ぜひ足をお運びください。

■下関市立美術館
○開催日:平成30年6月20日(水)~7月29日(日)
○休館日:月曜日(祝日の7/16は開館)
○開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
○観覧料:一般200円、大学生100円
○問い合わせTel:083-245-4131

下関市立美術館HP

検索 ページトップ